Snap-onエアコンサービスステーション【PS134】を導入致しました。エアコンを使用しているとエアコンシステム内部に不純物や水分がたまったり、エアコンガスの減少、エアコンオイルの劣化等によってエアコンシステム性能は低下していきます。このPS134はOBDⅡコネクタを使用しエンジン適正回転数を検出することにより正確な圧力チェック、ガスの回収、配管内部洗浄(場合により高純度のガス再生能力を活かして本体に貯蔵している再生ガスを使ったオイルフラッシング)、真空引き、そして2段階オイルセパレーターを採用し回収ガス中のオイル濃度を100ppm以下まで分離・再生します。そして回収したガスを吸着式ドライヤーフィルターで不純物、水分を除去し高濃度のガスを±5gの精度で規定量を注入して新車時の状態に戻してあげるのがこの装置です。さらに適正量のガスを充填する事によりコンプレッサーの作動回数が低減して寿命が延び、コンプレッサー作動負担が少なくなるためパワーロスの低減&燃費の向上につながります。PAG(絶縁性のないガソリン・ディーゼル車)・POE(絶縁性を持つEV・ハイブリット車)両方のエアコン作業が出来ます。 red_no2